So-net無料ブログ作成
検索選択

バルト3国の旅(その8) [旅]

7月26日(火) 曇

旅の7日目  タリン~(船)~ヘルシンキ(市内観光) ヘルシンキ1725発(JL0414)~成田

タリン出港1030ヘルシンキ入港1245。 行きと同じ「スーパースター」、立派な船。船首には吹き抜けのスタージ付きレストラン、2時間の船旅をユッタリと満喫していた。
2時間の観光が終了。午後2時30分専用バスで空港への出発時、トラブルが発生した。
バスのエンジンがかからないという。代替バスが手配された。待つこと1時間、午後3時30分やっと出発。
空港到着午後4時20分、離陸時間は5時25分。1時間ある。
無事に搭乗、広がる安堵の笑顔。お疲れ様でした。7月6日午前9時成田到着。
 「バルト3国の旅」におつきあい頂き、ありがとうございました。        

バルト三国 47101.jpg

バルト三国 47701.jpg

ヘルシンキ観光

大聖堂

バルト三国 48501.jpg

元老院広場

バルト三国 48701.jpg

バルト三国 50101.jpg
バルト三国 48601.jpg
市場
バルト三国 48901.jpg
バルト三国 49101.jpg
ウスペンスキー大聖堂
バルト三国 49301.jpg

バルト3国の旅(その7) [旅]

7月23日(土) 曇

旅の6日目 リガの近くの町バウスカの「ルンダーレ宮殿」の見学の後、タリンへ。

ルンダーレ宮殿

”バルトのヴェルサイユ宮殿”ともいわれている。1736年建設開始1768年完成のバロック様式の豪華な宮殿。内部はロココ調の装飾。内外をじっくり見学する。オプションのツアーでした。
バルト三国 37001.jpg

バルト三国 37401.jpg

バルト三国 37501.jpg

バルト三国 40601.jpg

バルト三国 41801.jpg

バルト三国 42701.jpg

バルト三国 41301.jpg

バルト三国 38501.jpg

バルト三国 39301.jpg

バルト三国 40001.jpg

バルト三国 41101.jpg

バルト三国 40701.jpg


昼食のお店

バルト三国 44001.jpg

タリンへ向かうバスの車窓より (平原が続く 山脈は360度見当たらない)

バルト三国 45101.jpg

明日の夕方、帰途に就く。 明日の観光はヘルシンキ、楽しみたい。

続く


バルト3国の旅(その6) [旅]

7月21日(木) 小雨

旅の5日目  世界遺産のヴィリニュス市内観光とトラカイ城見学の後リガへ
ヴィニュスは石畳をひたすら歩いた。

聖ペテロ&パウロ教会
バルト三国 25001.jpg
バルト三国 25101.jpg

大聖堂

バルト三国 25401.jpg
バルト三国 25501.jpg

街並みと学生

バルト三国 26401.jpg
バルト三国 27301.jpg
バルト三国 27701.jpg

聖アンナ教会

バルト三国 28401.jpg
バルト三国 28801.jpg

夜明けの門

バルト三国 29201.jpg
バルト三国 29401.jpg


トラカイ城
バルト三国 30401.jpg
バルト三国 31301.jpg
バルト三国 31401.jpg
バルト三国 32701.jpg
バルト三国 32801.jpg
バルト三国 31501.jpg

バルト三国 33901.jpg

続く




バルト3国の旅(その5) [旅]

7月18日(月) 晴

旅の4日目 リガ(ラトビア)~リトアニアへ  十字架の丘~カウナス~ヴィリニュス 
楽しみにしていた杉原千畝氏の旧日本領事館見学の日である。

十字架の丘

リトアニアの象徴的な聖地。大小無数の十字架が立ち並ぶ。現在も建立者がたえないという。 圧倒された。
バルト三国 18501.jpg

バルト三国 19101.jpg

バルト三国 18601.jpg

バルト三国 19001.jpg


杉原記念館(旧日本領事館)

発行されたビザは1600、第三国に渡ること出来たユダヤ人は6000人を越えたと伝えられている。
バルト三国 20801.jpg

バルト三国 20001.jpg

バルト三国 20701.jpg

バルト三国 21901.jpg

バルト三国 21401.jpg

バルト三国 20201.jpg

記念碑

バルト三国 24301.jpg

バルト三国 24601.jpg


一部が残るカウナス城

バルト三国 22101.jpg

バルト三国 22201.jpg

 
新郎新婦 送迎車

バルト三国 23201.jpg

バルト三国 22701.jpg

バルト三国 22601.jpg


今日のホテル 「カロリナ」

バルト三国 23501.jpg

バルト三国 23601.jpg


続く


バルト3国の旅(その4) [旅]

7月14日(木) 晴

旅の3日目 タリン(エストニア)~りガ(ラトビア)へ 
午前7時:朝食 8時:ホテル発 約300kmのバス移動の後、市内観光をする。

朝のタリン(ホテルから)

バルト三国 11201.jpg

バルト三国 09501.jpg

バルト三国 09801.jpg


おまちかねの昼食(リガのレストラン) 店と食事

バルト三国 12101.jpg

バルト三国 12701.jpg

バルト三国 12401.jpg

バルト三国 12501.jpg

バルト三国 12601.jpg


世界遺産のリガ市内観光


城壁の一部

バルト三国 13001.jpg

聖ゲオルギ教会

バルト三国 14301.jpg

バルト三国 13901.jpg

ブラックヘッドの会館

バルト三国 14201.jpg


街で見かけた、演奏する少女・飲食観光移動人力車・若者

バルト三国 13601.jpg

バルト三国 13801.jpg

バルト三国 12801.jpg


リーガ大聖堂

バルト三国 15201.jpg

バルト三国 15101.jpg

バルト三国 14901.jpg

バルト三国 14501.jpg

バルト三国 14401.jpg

バルト三国 14701.jpg

バルト三国 14801.jpg

リガ城

バルト三国 15301.jpg

猫の家

バルト三国 16601.jpg

火薬塔

バルト三国 16801.jpg

自由記念碑

バルト三国 12001.jpg


今日のホテル:コロナホテル「リギッタ」

バルト三国 17501.jpg

バルト三国 17401.jpg

天候に恵まれた。しっかり歩いた。 ビール美味しい


続く



バルト3国の旅(その3) [旅]

7月11日(月) 曇

旅の2日目 (タリン観光)。
エストニアの首都タリンのホテル1300時着、チェックインの後旧市街の観光へ向かう。徒歩10分程度であった。
城壁に取り囲まれ中世の雰囲気が活息づく旧市街は世界遺産に登録されている。

チョコレートの店に立ち寄る

バルト三国 03501.jpg

バルト三国 03301.jpg

バルト三国 03401.jpg


城門が見えてきた

バルト三国 03901.jpg

バルト三国 04201.jpg

塀沿いを散策
バルト三国 05201.jpg

バルト三国 05401.jpg

バルト三国 05601.jpg

バルト三国 08601.jpg


聖ニコライ教会

中世以降の国宝級の芸術品を収める博物館となっている

バルト三国 04601.jpg

バルト三国 04701.jpg

バルト三国 04801.jpg



1901年に支配者帝政ロシアによって建てられたロシア正教教会

バルト三国 06801.jpg

バルト三国 06601.jpg

バルト三国 06401.jpg

バルト三国 06501.jpg


トームペア城のヘルマン塔

エストニアの国旗を掲げている

バルト三国 07001.jpg


トームペアの丘より

バルト三国 07801.jpg


旧市庁舎前の広場で演奏とビールを楽しんだ

バルト三国 09001.jpg

バルト三国 09201.jpg

バルト三国 09101.jpg


タリンは長野県佐久市と姉妹都市、”SAKUビール”が売り出されていた。美味でした。

バルト三国 09301.jpg


2日目のホテル:タリン「メトロポール」

バルト三国 09401.jpg

バルト三国 09901.jpg


続く



バルト3国の旅(その2) [旅]

7月8日(金) 曇


帰国後2日目の今日、市民大学「歩こう会」に参加、完歩出来た。体調も徐々に回復、安堵である。
旅行の想い出を数回アップします。 記憶不鮮明がありますがご容赦を!

3国の人口 エストニア:132万人 ラトビア:201万人 リトアニア:295万人  計628万人
ソビエトの属国、ドイツ ポーランドの支配下にもなった。そして1990年代に独立。「人間の鎖」思い出す。
その中世の薫が漂う国々を訪れた。

第1日目(6/29)
 成田空港発10:30 JL0413 ヘルシンキ着13:45(時差6時間)  ホテル着15:25
第2日目(6/30)
 ヘルシンキ発10:30 船旅 タリン着(エストニア)12:45   ホテル着13:00   世界遺産タリン市内観光 

成田のボード
バルト三国 00301.jpg

80%の満席率と感ずる。約10時間が9時間で到着した。

ヘルシンキのホテル

バルト三国 01101.jpg


2日目、ヘルシンキの港よりタリン(エストニア)への船旅

船旅のチケットを添乗員さんから受け取る
バルト三国 02601.jpg

船の大きさにビックリ

バルト三国 02101.jpg

バルト三国 02801.jpg

同じ形の船

バルト三国 47101.jpg

タリン(エストニア)の観光がいよいよ始まります


バルト3国の旅(その1) [旅]

7月6日(水) 曇

バルト3国のツアーの8日間、異文化を楽みました。
本日午前9時成田着、11時自宅着。ツアー仲間16名(男性3、女性13) 夫婦2組 個人6人。
 成田~ヘルシンキ~タリン~リガ~カナウス~ブエリニュイス~トラカイ~リガ~タリン~ヘルインキ~成田

”異文化知り、我を顧みる”


バルト三国 00701.jpg


バルト三国 27001.jpg

バルト三国 27101.jpg

足利フラワーパークの藤 [旅]

5月8日(木) 晴

日本女性樹木医第一号の塚本こなみさんが、「大藤の移植」を成功させた苦闘話が
数年前放映された。その成長した大藤を観る機会を待っていた。

昨日(7日)、「足利フラワーパーク」日帰りバスツアーに参加した。船橋からバス2台の80名。
藤の最盛期は過ぎたが連休明けでユックリ観られる、と予想していたがナント大外れ!
パーク周辺は大渋滞。駐車場は順番待ち、やむなく路上で全員下車となった。徒歩5分程度。
今日の予約の大型バスは250台という。自家用車はその十数倍は下らない。連休並みという。

藤だけではない。多種の木々花々が出迎えてくれた。癒された。
「紫藤」は盛りを過ぎ、「白藤」が見頃。 「きばな藤」は8割程度。

大長藤
フラワーパーク 06401.jpg
大藤
フラワーパーク 05201.jpg
フラワーパーク 05401.jpg
大藤ライトアップの状況(展示写真より)
フラワーパーク 05801.jpg
白藤のトンネル
フラワーパーク 07401.jpg
白藤の滝(裏見の滝)
フラワーパーク 08401.jpg
きばな藤のトンネル
フラワーパーク 09501.jpg
白藤
フラワーパーク 09801.jpg
水上花壇
フラワーパーク 08701.jpg

塚本こなみさん、女性園長の配慮《どのように見せれば見れば、感動・感銘をあたえられるか》
を、強くを感じた。散策の2時間は瞬く間。 帰りはゲート前の駐車場より乗車となった、安堵。

房総半島一周ドライブ [旅]

1月23日(木) 晴

この3ヶ月間の妻の奮闘の働きに、慰労と感謝の1泊ドライブ旅をした。(22~23日)

房総半島を東京湾側から太平洋側のひと巡り。
 ・船橋~金谷~保田~34号線:長狭街道~鴨川:一泊
  ~勝浦~御宿~九十九里~銚子~佐原~船橋
現役の私が携わった場所と重なり想い出を訪ねる旅ともなった。
何よりも我が夫婦共にリラックス、気分転換が出来たことが嬉しい。

私の大好物
房総一周の旅 00501.jpg

保田の昼食の店 席待ち20分 想像を超える混雑 
房総一周の旅 01001.jpg
昼食 6点盛刺身定食
房総一周の旅 01501.jpg
房総一周の旅 01601.jpg
サワラ ヒラマサ ワラサ キンメ マグロ ヒラメ

誕生寺、清澄寺を見学後「Kの宿」に入る。100名前後が宿泊か。
夕食
房総一周の旅 02201.jpg
房総一周の旅 02401.jpg
房総一周の旅 02501.jpg
房総一周の旅 02601.jpg

宿からの日の出
房総一周の旅 03301.jpg

御宿の浜辺
房総一周の旅 04801.jpg
房総一周の旅 04901.jpg

銚子
房総一周の旅 05301.jpg
房総一周の旅 05501.jpg

海を眺めると気分が落ち着く私である。