So-net無料ブログ作成
寺台城址 ブログトップ

史跡歩き [寺台城址]

2月27日(日)
久しぶりに史跡歩きに参加した。成田市の「寺台城址」。室町時代に築城といわれている。寺台城最期の城主は海保三吉、天正十八(1590年)年落城するが3百石の旗本となり城址に屋敷を構えることを許される。元和三年(1618年)、海保三吉は刺客を送られ寺台橋近くで殺される、否切腹、ともいわれる。海保家断絶。城の機能を失う。自然に帰ることになった。今は20m超える木立の森である。
その城跡を今日は仲間15人で散策、道はない。倒木に注意し竹藪を抜ける。斜面がきつい。ササを握りバランスをとり前進。高台の平地に出る、深呼吸をする。陽がやさしい。
”兵(つわもの)どもが夢の跡”
”城春にして草木深し”
《次世代に残すべきは何か》、思索の時間となった。
寺台城址 014.JPG
寺台城址 008.JPG
寺台城址 013.JPG
寺台城址 029.JPG
寺台城址 ブログトップ