So-net無料ブログ作成
検索選択

アジのさばきかた教室 [料理]

3月24日(金) 晴れ

『プロが教える魚のさばき方教室』に当選し、講義・実習・食事・団欒の約3時間を楽しんだ。
定員15名に40名余が応募。男女比4:6。場所は船橋市地方卸売市場。

釣りを趣味とし、自己流でこれまで捌き、それなりに料理を造ってきた。多々反省もあった。
今回は直にプロの腕前を学びレベルアップしたいと願い応募した。
特に「包丁の特性」「魚に応じた捌き」を学ぶことに留意した。 

先生がまず見本を造ってくれた。

料理教室 01001.jpg

料理教室 01401.jpg

料理教室 01501.jpg


さて実習だ。(アジ4匹/人)

料理教室 01101.jpg

料理教室 00901.jpg


まずは〈ユックリ・丁寧に捌くこと〉に得心する。


下総中山駅周辺を歩く [地域を知る]

3月20日(月) 晴れ

18日(土)、船橋地名研究会主催の「船橋の地名を歩く」に参加した。久しぶりだ。
今回はJR下総中山駅より京成東中山駅までの約4.5km。通常の1.5倍の65名が歩く。
その土地に立ち、場所、建物に臨み、講師の丁寧な説明を聴く。一層興味を覚える。魅力だ。
船橋市の西の玄関口、下総中山駅は中山法華経寺門前駅といわれている。

集合 挨拶

地名を歩く 00301.jpg

黒門(総門)
     
        遠州掛川城主太田資順の書いた額が目を引く。
        「如来滅後 閻浮提内 本化菩薩 初転法輪 法華道場」
地名を歩く 00601.jpg

地名を歩く 01001.jpg

地名を歩く 00701.jpg

地名を歩く 01101.jpg

赤門(山門)

地名を歩く 01201.jpg

地名を歩く 01501.jpg

地名を歩く 01601.jpg

地名を歩く 02001.jpg

泰福寺

       元弘2年(1332)の板碑
地名を歩く 02501.jpg

地名を歩く 02601.jpg

地名を歩く 02701.jpg


千葉街道と木下街道のT字路

地名を歩く 02901.jpg

地名を歩く 03101.jpg

地名を歩く 03201.jpg

      数年ぶりのコースである。住居の建替え新築の様変わりに驚く。


日比谷公園より大手町へ 皇居めぐり [歩こう会]

3月11日(土) 晴れ

昨日10日、平成28年度最後の『歩こう会』を楽しんだ。
好天無風の絶好の日和、参加者266名の大盛況となった。

 コース:日比谷公園(集合945大噴水広場)→桜田門→半蔵門→千鳥ヶ淵戦没者墓苑
      →北の丸公園(昼食)→平川門→大手濠→噴水公園(解散13時15分頃)

集合場所に向う途中、注意を引いた「心字池」

好況 01001.jpg

好況 01101.jpg

集合 軽い体操

好況 01801.jpg

好況 02001.jpg


10時より開始

好況 02101.jpg

好況 02401.jpg

好況 02701.jpg


桜田門

好況 02501.jpg

好況 02601.jpg


千鳥ヶ淵墓苑

好況 03301.jpg

好況 03801.jpg

好況 03501.jpg

好況 03601.jpg


田安門

好況 04501.jpg

好況 04401.jpg


街宣車
好況 02801.jpg


好況 04001.jpg

好況 04101.jpg


1130分頃北の丸公園に入る。武道館の周囲に多くの若い男性が集まっている。
午後6時開演のステージに集まりかつ並んでいるという。 アニメの声優(女性)等のステージ
だそうだ。 6時間以上前から待ち続けている。 古希を過ぎた我等は唖然! 言葉を失う。
好況 04601.jpg

好況 04701.jpg

好況 04801.jpg

今日はイロイロ学んだ。

今年度は歩こう会の全てに参加、完歩達成する。健康に感謝である。


ダイの思い出 [ペット]

3月1日(水) 晴

はや3月、光陰矢のごとし。
10年前の3月に愛犬が亡くなった。その一文を書いたのは5年後、思い出す。

 我が家にビーグル犬が来たのは生後1ヶ月であった。「ダイ」と命名。娘からの突然の依頼。
 「育ててみよう」と我が夫婦の意見は一致。犬中心の初体験の時間が手探りで始まった。
 直ぐに妻は溺愛し夢中となった。
 6ヶ月過ぎた頃、車往来等激しい道路横断の徒歩40分の公園デビューとなった。妻の楽しみ。
 囲いのある大きな広場、手綱から開放され飛び回る。皆と競争する。吠えまくる。至福の時間だ。

 その1週間後公園で事件は起きた。行事を知らせる”花火音”が突然轟く。驚愕動転の「ダイ」。
 囲いの隙間から全速力で逃げ出した。 名前を叫びまわり必死に捜す、 顔面蒼白の妻。
 何処にもいない。諦めるしかないのか。憔悴し、泣きながら自宅へ戻る。
  いた! 居た! 我家の前に! 抱擁する。奇跡か。神に感謝。座り込む妻とダイ。

 その「ダイ」が血液ガンとの闘病90日。10歳誕生日直前の3月29日に逝った。
 荼毘にふし庭に埋葬。その真上に「クリスマスローズ」を妻が丁寧に植えつけた。
 野良猫がやってきたのその年の紅葉の頃だった。朝夕の食事から始まり、日だまりで過ごす。
 そして夜は妻の枕元で安眠するまでになった。「クロ」と命名。

 「ダイ」の死から5年、ペットロスからやっと開放された妻。
 「クリスマスローズ」が2年前から咲き出した。 今年も紫花が一輪。