So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

アンコール遺跡を訪ねて (その5)  [旅]

12月10日(日) 晴れ

5、6日目 シェムリアップ→プノンペン→成田

旅の最終段階・・。
9:30ホテルを出発し、ヘリコプターでアンコール遺跡郡を上空から観る。今回の最大の
楽しみ。ホテルに戻り昼食、クメール料理。チェックアウトの15:00までユックリ過す。

チェックアウト後、オールドマーケットで買物して空港へ向う。
トラブルが発生、飛行機の遅延。よくあるというが長すぎる。イライラ!
シェムリアップ発18:15の飛行機が約2時間遅れの20:15。プノンペン到着は21:10。
乗り継ぎの手続きに忙しい。添乗員の方が手際よくさばいてくれた。ホっとする。
22:50プノンペン発で成田へ。 11月27日午前6:30成田着。 安堵! オー 寒い。

ヘリコプターからの写真

DSCF111901.jpg

DSCF112101.jpg

DSCF112401.jpg


昼食のクメール料理

DSCF112701.jpg


オールドマーケット

DSCF114301.jpg

DSCF114601.jpg

DSCF114801.jpg

DSCF113101.jpg

DSCF113701.jpg

DSCF113801.jpg

DSCF113901.jpg


シェムリアップの軽食の店

DSCF115401.jpg

DSCF115301.jpg

DSCF115101.jpg


ホテルのロビーにて

DSCF112601.jpg


現地ガイドは40歳代の”ポンさん” 男性。ガイドは政治的な発言は禁止されているという。
ポルポト政権の悲惨な出来ごとを時折漏らしてくれた。小学校の友が下校中、地雷で死んだ。
彼は語る。 『貧しくてもいいから平和が一番です。』 重い言葉である。

有意義な旅行となった。 感謝!

終り




nice!(22)  コメント(0) 

アンコール遺跡を訪ねて (その4) [旅]

12月7日(木) 晴れ

4日目 シェムリアップ

早朝5:30出発で「アンコールワット朝日観賞」へ、逆さアンコールも見られた、美しい。
朝食後、密林に眠る手つかずの「ベンメリア遺跡」へ。途中、地元の小学校に立ち寄り子供
たちと楽しんだ。昼食後は城壁都市「アンコールトム」の見学である。

「朝日観賞」

DSCF100901.jpg

DSCF103201.jpg


立ち寄った「小学校の子供たち」

子供達が集まった、笑顔だ。頑張れとエールを送る。

DSCF104001.jpg

DSCF104701.jpg

DSCF104601.jpg

DSCF104801.jpg

ひと家庭に5~7人の子供がいるという。 10、20年後のカンボジアが楽しみだ。


アンコ-ルトム

DSCF109101.jpg

DSCF109501.jpg

DSCF110001.jpg

アンコールワットはお寺 アンコールトムは都市。勉強しました。



nice!(18)  コメント(0) 

アンコール遺跡を訪ねて (その3) [旅]

12月4日(月) 曇

3日目 シェムリアップ

今日からいよいよアンコール遺跡郡の観光である。 今日は3ケ所。
 「タ・プロム寺院」→「バンテアイスレイ遺跡」→「アンコールワット」

タ・プロム寺院

ガジュアルの樹の根元が遺跡にくいこんでいる。

DSCF090401.jpg

DSCF090601.jpg

DSCF091101.jpg

DSCF091201.jpg


バンテアイスレイ遺跡

”東洋のモナリザ”の彫刻で有名

DSCF092701.jpg

DSCF092201.jpg

DSCF093101.jpg


アンコールワット

なかなか行けない第3回廊に上がり眺望を楽しんだ。

DSCF095001.jpg

DSCF094901.jpg

DSCF094201.jpg

DSCF096101.jpg

DSCF096301.jpg

DSCF097401.jpg

DSCF096201.jpg

DSCF097101.jpg

DSCF098701.jpg


夕食はアプサラダンスを観ながらクメール料理!

DSCF099301.jpg

DSCF100401.jpg


踊りのストーリが判り易い、踊り子の手首・指のしなやかさに魅了された。

nice!(15)  コメント(2) 

アンコール遺跡を訪ねて (その2) [旅]

12月1日(金) 曇

1日目 成田→プノンペン

朝8:20成田空港第1ターミナルに集合し、10:50発NH817便にて出発した。
約7時間の旅、プノンペンに着いたのは現地時間の15:30。ホテルへ直行する。

搭乗機と機内食

DSCF084401.jpg

DSCF084201.jpg

DSCF085101.jpg


宿泊ホテルと風景

部屋の広さと天井までの高さ(4m位)に、ビックリ!

DSCF086501.jpg

DSCF086901.jpg

DSCF085501.jpg

DSCF085401.jpg

DSCF087301.jpg

DSCF087401.jpg

DSCF086401.jpg

DSCF086301.jpg



2日目 プノンペン→シェムリアップ

王宮、シルバーパゴダ、国立博物館の見学後昼食する。プノンペン空港よりシェムリ
アップへ。16:45到着後ホテルへ。

プノンペン市内:車の店が多い、オートバイはホンダ、4輪車はトヨタが目立つ

DSCF089401.jpg

DSCF089301.jpg

王宮

DSCF088001.jpg

DSCF088501.jpg

シルバーパコダのシアヌーク殿下の墓

DSCF089001.jpg


2日目は11/23で感謝祭。ターキーつきバイキングの夕食でした。



nice!(9)  コメント(0) 

アンコール遺跡を訪ねて (その1) [旅]

11月28日(火) 曇

11/22~11/27カンボジアへ。 「神秘のアンコール遺跡6日間」を楽しんだ。
昨日27日午前6時30分成田着。真夏から冬、今日も身体がふるえている。
 旅の感想を、数回に分けてアップの予定。

添乗員は成田より30歳位のM嬢。 現地ガイドはカンボジア人40歳位のBさん。
 1日目:1050分成田発(所要時間6時間30分) 1540分プノンペン着(時差-2時間) ホテルへ
 2日目:プノンペン市内観光(王宮、シルバーパゴダ、国立博物館)
      1550分プノンペン発-1645分シェムリアップ着 ホテルへ
 3日目:バンテアイスレイ遺跡、タ・プロム寺院、アンコールワット
 4日目:アンコールワット朝日観賞、ベンメリア遺跡、アンコールトム
 5日目:ヘリコプターにて上空からアンコールワットを観賞、オールドマーケット見学
      2030分シェミリアップ発2115分プノンペン着 2250分プノンペン発
 6日目:0630分成田着

天候に恵まれる、全て晴れ。 満足感そしてイロイロ考えさせられた旅でもあった。

学んだこと(感想等々)
 1.子供数が多い(ひと家庭5-6人が普通)。
 2.農業従事が8割で自給自足。 
  水は井戸水、火は薪、電気はかろうじて設置されている。
 3.プノンペン、シェムリアップの都会はインフラは完備されている。
 4.電力はベトナム、タイより供給されている。 
 5.義務教育は無い。学校は準備されている。
 6.都会はバイク・車で大混雑と建築ラッシュ、砂ホコリ。
  バイクは免許の必要なし、運転できればOK。
 7.収入は高校の先生で2万/月余、日本の1/10という。
 8.されど逞しさを感じた。これからだ、10年後が楽しみ。

アンコールワットの昼と朝日観賞時の写真

DSCF094901.jpg

DSCF103201.jpg

観光客は年間350万人



nice!(10)  コメント(0) 

伝説の地を訪ねて(市川) [歩こう会]

11月11日(土) 曇

3日の「自然ウォーク」に続き、昨日10日は「歩こう会」に参加した。240名。
江戸川河川敷→里見公園→国府台緑地→じゅん菜池緑地→昼食 

「江戸川河川敷」に集合する
川の流れ、橋の眺めに心が落ち着く私。 里見公園に向って江戸川土手を歩く。
歩こう会11月 00101.jpg

歩こう会11月 00301.jpg


里見公園 (8.4ha)
花見の名所。高台にあるため江戸川、スカイツリー、富士山等々の眺望に優れる。
15世紀大田道灌が仮陣を置き、弟の太田資忠が国府台城を築く。16世紀には里見氏・
後北条氏の間で2度にわたる国府台合戦となった。
歩こう会11月 00501.jpg

歩こう会11月 00401.jpg

歩こう会11月 00901.jpg

歩こう会11月 01401.jpg

歩こう会11月 01201.jpg


じゅん菜池緑地 (8.2ha)
古くからの沼の名は「国分沼」、じゅん菜がたくさん生えていたことからこの名で呼ばれる
ようになった。 緑豊かな木々、四季折々の自然を楽しむことが出来る。
歩こう会11月 02001.jpg

歩こう会11月 02301.jpg

歩こう会11月 02501.jpg

歩こう会11月 02601.jpg


昼食のお店
市民大学クラスの仲間5名とユックリと団欒した。 忘年会もやろうね!
歩こう会11月 02701.jpg

歩こう会11月 02801.jpg


       12月の「歩こう会」は松戸の本土寺がメイン、「紅葉の古里を訪ねて」である。


nice!(13)  コメント(0) 

秋のはさま自然ウォーク [地域の仲間]

11月3日(金) 晴れ

秋のはさま自然ウォーク『小室公園から船橋最北端を歩く』にお手伝として参加した。
昨日は久しぶりに穏やかな好天に恵まれた。笑顔の皆さんは総勢30名。
午前10時出発、午後3時終了。北総線小室駅前のバス停留所から始まり終わる。

出発を待つ

自然ウォーク 01001.jpg

       直ぐに講師の説明が始まった。丁寧な説明に全員納得の様子
自然ウォーク 01501.jpg

自然ウォーク 01601.jpg

小室調整池辺り

自然ウォーク 01801.jpg

自然ウォーク 01901.jpg

神崎川沿いを歩く

自然ウォーク 02201.jpg

自然ウォーク 02301.jpg

船橋最北端

       田畑、果樹園が広がっている。タヌキ、イタチなどが生息している。
自然ウォーク 03101.jpg

自然ウォーク 02801.jpg

自然ウォーク 02701.jpg

自然ウォーク 02901.jpg

小室公園

自然ウォーク 04301.jpg

自然ウォーク 04001.jpg

自然ウォーク 04401.jpg

自然ウォーク 04501.jpg

自然ウォーク 04101.jpg


紅葉を満喫しました。


nice!(14)  コメント(0) 

高芦会関東支部懇親会 [同窓会]

10月31日(火) 曇

関東地区に住む高校OB仲間と懇親を毎年続けてきている。
「高芦会関東支部」として平成12年に発足した。
参加者は約30名。来賓として校長、本部OB会長も毎回参加してくださる。

今年は10月29日、飯田橋のホテルで第17回目を開催した。
来賓の吉田校長はこの1年の高校の状況を語る。嬉しいニュースを多々聞く。
話題提供は機械科昭和28年卒業のK先輩が「日本製造業の弱点」を語る。
余興は機械科昭和47年卒業のT氏が弾き語り。 マジックショーのM氏
語り合い、飲食しながら笑顔の時間がすぎた。豊橋、三河の方言も飛び出す。
「なんだん」「ほんで」「いかまい」「「そうだのん」
高歌斉唱で散会。

集合写真

高芦会 02501.jpg

吉田校長

高芦会 00501.jpg

K先輩

高芦会 01201.jpg

高芦会 01101.jpg

T氏の弾き語り

高芦会 01401.jpg

マジックショー

高芦会 01701.jpg

高芦会 02001.jpg

感謝、そして今日も勉強の1日でした。


nice!(11)  コメント(0) 

法事帰省 [友]

10月28日(土) 小雨

26日(木)法事のため、帰省(豊橋)した。
母の27回忌、父の13回忌である。叔父の墓にもお参りをした。
夕方は高校の仲間6人と懇親。

”光陰矢のごとし”。 今年は母の逝った歳に至る次男の私である。
長男夫婦と私の3人で行う。 元気なうちはいつまでも追悼しようと兄は言う。

18歳で豊橋を離れるが、帰省の度に高校の仲間が集まってくれる。感謝感激。

新幹線からの富士山

帰省 00301.jpg

帰省 00701.jpg

帰省 03901.jpg

豊橋駅前の風景

帰省 02801.jpg

帰省 03401.jpg

帰省 02601.jpg

帰省 02501.jpg

食事

帰省 01301.jpg

帰省 01401.jpg

帰省 01501.jpg

仲間6人と再会懇親

帰省 02401.jpg


      いつまでも笑顔で会おうぜ、元気だからこそ。来年のクラス会で再会しよう!

nice!(8)  コメント(2) 

金木犀と温州みかん [園芸]

10月9日(月) 晴れ

久しぶりの日差しに心が落ち着く。
40年前に新宿から千葉船橋に転居した。庭に松3本、梅2本、金木犀1本、
見事だった。現在は松、梅、金木犀の各1本のみ、頑張っている。
温州みかんは昨年12/25、実付きの小枝(1m)を購入し植えつけた。

金木犀の樹高は約4m。先週から芳香をはなち始めた。毎朝深呼吸、穏やかになる。
手入れも適当だが40年この香りを楽しんできた。 
温州みかんはユズを9年育てたが結実せず、撤去し植え替えた。実が3個ある小枝。
10ヶ月を経過し2個の実をつけてくれた。葉は落ちみすぼらしい。が何か強そうだ。
恵みに感動している。

十五夜
十五夜 00101.jpg

金木犀
練習 00301.jpg

金木犀 00301.jpg

練習 00601.jpg

金木犀 00401.jpg

温州みかん
十五夜 00701.jpg

十五夜 00401.jpg

虫発見
金木犀 00801.jpg

穏やな「体育の日」の船橋です。


nice!(14)  コメント(0) 
前の10件 | -